ダイル・ザウル24:ダイル・ザウル県南東部で1月に民間人94人が死亡、うち48人が米主導の有志連合の爆撃の犠牲者(2019年2月1日)

反体制系サイトのダイル・ザウル24(2月1日付)は、ダイル・ザウル県南東部で1月だけで民間人94人が死亡した、と発表した。

このうち、米主導の有志連合の爆撃による民間人犠牲者は48人(うち子ども19人、女性14人)、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の攻撃による犠牲者は15人(うち子ども7人、女性1人)、ダーイシュ(イスラーム国)によって殺害された犠牲者は9人、シリア軍の攻撃による犠牲者は3人(うち子ども1人)、そのほか19人、だという。

AFP, February 1, 2019、ANHA, February 1, 2019、AP, February 1, 2019、Dayr al-Zawr 24, February 1, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 1, 2019、al-Hayat, February 2, 2019、Reuters, February 1, 2019、SANA, February 1, 2019、UPI, February 1, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク