ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相がイランを公式訪問し、ザリーフ外務大臣と会談(2019年2月5日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は、イランの首都テヘランを公式訪問し、モハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣と会談を行った。

SANA(2月5日付)によると、会談では二国間関係の現状、今後の発展の方向性のほか、近くロシアで開催が予定されているアスタナ会議保障国(ロシア、イラン、トルコ)の首脳会談への対応などについて意見が交わされた。

SANA, February 5, 2019

AFP, February 5, 2019、ANHA, February 5, 2019、AP, February 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 5, 2019、al-Hayat, February 6, 2019、Reuters, February 5, 2019、SANA, February 5, 2019、UPI, February 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク