ダーイシュとYPG主体のシリア民主軍は「秘密合意」を交わし、ダイル・ザウル県南東部からのダーイシュ退去に向けて街道を開放か?(2019年2月5日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月5日付)は、ダイル・ザウル県南東部で2月に入ってからダーイシュ(イスラーム国)と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の戦闘が止んでいることに関して、「その全貌は分からない」としつつ、シリア民主軍がシャジャラ村、スーサ町の街道を開放し、ダーイシュ戦闘員の退去を認める「秘密合意」が交わされた、と伝えた。

AFP, February 5, 2019、ANHA, February 5, 2019、AP, February 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 5, 2019、al-Hayat, February 6, 2019、Reuters, February 5, 2019、SANA, February 5, 2019、UPI, February 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク