パレスチナ自治政府のアッバース大統領「我々はシリアのアラブ連盟復帰を支持する」(2019年2月6日)

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース大統領はスプートニク・ニュース(2月6日付)のインタビューに応じ、そのなかで「我々は原則的に、シリアがアラブ連盟に復帰するのを支持する。我々は、今後アラブ諸国間の協議を通じてこの目的が実現することを希望している」と述べた。

アッバース大統領はまた「近くシリアを訪問する計画はないが、シリアで起こることを重点的にフォローしたい。なぜなら、シリアには50万ものパレスチナ難民が暮らしているからだ…。我々はシリアの国家やUNRWA(国際連合パレスチナ難民救済事業機関)とともに、ヤルムーク難民キャンプの復興に向けて行動し、早急にキャンプから退去している人々を帰還させたい」と述べた。

AFP, February 6, 2019、ANHA, February 6, 2019、AP, February 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 6, 2019、al-Hayat, February 7, 2019、Reuters, February 6, 2019、SANA, February 6, 2019、Sputnik News, February 6, 2019、UPI, February 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク