ダーイシュの児童戦闘員(カリフ制の幼獣)5人を含むイラク人戦闘員多数がYPG主体のシリア民主軍に投降(2019年2月6日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(2月7日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が活動を続ける上バーグーズ村を包囲する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、同地から脱出を続ける住民に紛れて避難民キャンプに潜入しようとしたダーイシュの戦闘員7人を発見、これを殲滅した。

7人は自爆ベルトを着用し、避難民キャンプでの自爆を試みようとしていたという。

一方、14~15歳のダーイシュの児童戦闘員(カリフ制の幼獣)5人を含むイラク人戦闘員多数がシリア民主軍に投降した。

なお、ANHAによると、シリア民主軍は上バーグーズ村の約80%を制圧しているという。
http://www.hawarnews.com/ar/uploads/2019/02/07/085027_deralzour-qsd-e280ab283886336429e280ac-e280abe280ac.jpg

AFP, February 7, 2019、ANHA, February 7, 2019、AP, February 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 7, 2019、al-Hayat, February 8, 2019、Reuters, February 7, 2019、SANA, February 7, 2019、UPI, February 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク