イスラエル日刊紙『ハアレツ』はロシアがシリアに供与したS-300空システム4基のうち3基が起動したと伝える(2019年2月6日)

イスラエル日刊紙『ハアレツ』(2月6日付)は、ロシアがシリアに供与したS-300空システム4基のうち3基がハマー県西部のミスヤーフ市近郊に配備され、起動したと伝えた。

同紙が掲載したイスラエルの民間衛星画像企業イメージサット・インターナショナルの衛星写真には、発射台に立てられたミサイル3基が写っている。

AFP, February 6, 2019、ANHA, February 6, 2019、AP, February 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 6, 2019、Haaretz, February 6, 2019、al-Hayat, February 7, 2019、Reuters, February 6, 2019、SANA, February 6, 2019、UPI, February 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク