トルコのチャヴシュオール外務大臣「サウジアラビアはイエメンで多くの人々を殺してきたのに、どんな顔でトルコの作戦に反対できるのか」(2019年10月10日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、サウジアラビアがシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)を非難したことに反論した。

チャヴシュオール外務大臣は「お前たち(サウジアラビア)はイエメンで多くの人々を殺し、人々を飢えさせてきた。今度は、いったいどんな顔で「平和の泉」に反対するというのか」と述べた。

アナトリア通信(10月10日付)が伝えた。

AFP, October 10, 2019、Anadolu Ajansı, October 10, 2019、ANHA, October 10, 2019、AP, October 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 10, 2019、Reuters, October 10, 2019、SANA, October 10, 2019、SOHR, October 10, 2019、UPI, October 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク