トルコによるシリア北西部への侵攻作戦(「平和の泉」作戦)第1段階の目的はイラクとの兵站路の寸断(2019年10月11日)

トルコ日刊紙『サバフ』(10月11日付)は、トルコによるシリア北西部への侵攻作戦(「平和の泉」作戦)の詳細を明らかにした。

それによると、作戦は以下3段階からなるという。

第1段階:トルコ軍は7~10日のうちに、国境から30キロの地点まで進軍し、ハサカ県東部に設置されているスィーマルカー国境通行所を掌握し、イラクからの兵站路を寸断する。

第2段階;ユーフラテス川東部の国境地帯全域を制圧し、同地から人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍を掃討する。

第3段階:シリア難民を帰還させるための措置を講じる。

AFP, October 11, 2019、ANHA, October 11, 2019、AP, October 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 11, 2019、Reuters, October 11, 2019、Sabah, October 4, 2019、SANA, October 11, 2019、SOHR, October 11, 2019、UPI, October 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク