ハサカ県カーミシュリー市内の北・東シリア自治局支配地域でダーイシュが車に爆弾を仕掛けて爆破、10人死亡(2019年10月11日)

ハサカ県では、シリア人権監視団やSANA(10月11日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるカーミシュリー市のムニール・ハビーブ通り(北・東シリア自治局支配地区)で、車に仕掛けられていた爆弾が爆発した。

北・東シリア自治局のカーミシュリー市内務治安部隊のアリー・ハサン報道官によると、この爆発で10人が死亡、20人以上が負傷した。

**

この爆発に関して、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信は、PKK(クルディスタン労働者党)の治安センター前で車に仕掛けた爆弾を爆発させ、戦闘員数十人を殺傷したと発表した。

AFP, October 11, 2019、ANHA, October 11, 2019、AP, October 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 11, 2019、Reuters, October 11, 2019、SANA, October 11, 2019、SOHR, October 11, 2019、UPI, October 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク