ハサカ県ではトルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)に反対するデモ(2019年10月11日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局支配下のマーリキーヤ(ダイリーク)市で金曜日の集団礼拝後にデモが行われ、トルコの侵攻(「平和の泉」作戦)に反対を表明した。

また、SANA(10月11日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の支配下にあるハサカ市とカーミシュリー市で、トルコの侵攻(「平和の泉」作戦)に抗議するデモが行われ、イスラーム教・キリスト教の宗教関係者や市民が参加した。

デモでは、トルコの侵攻が非難されるとともに、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に対してシリア政府の支配下に復帰するよう呼びかけられた。

AFP, October 11, 2019、ANHA, October 11, 2019、AP, October 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 11, 2019、Reuters, October 11, 2019、SANA, October 11, 2019、SOHR, October 11, 2019、UPI, October 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク