NATOのストルテンベルグ事務総長はトルコに自制を求める(2019年10月11日)

NATOのヤンス・ストルテンベルグ事務総長はトルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣と会談し、トルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)への対応などについて意見を交わした。

ストルテンベルグ事務総長はチャヴシュオール外務大臣との共同記者会見で、「トルコはテロの攻撃に晒され、多くのシリア難民を受け入れてきた」としたうえで、「NATOは炎上する地域の前線に立つトルコを支援し続ける」と述べつつも、「平和の泉」作戦がダーイシュ(イスラーム国)に対する「テロとの戦い」を危機に晒すと懸念を表明した。

そのうえで「トルコには正当な安全保障上の懸念があるとはいえ、我々は自制を求めている。我々には共通の敵がいる。それはダーイシュだ」と強調した。

これに対して、チャヴシュオール外務大臣は「トルコはすべてのテロ組織と分け隔てることなく戦う」と述べ、NATO加盟国に支援を求めた。

AFP, October 11, 2019、ANHA, October 11, 2019、AP, October 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 11, 2019、Reuters, October 11, 2019、SANA, October 11, 2019、SOHR, October 11, 2019、UPI, October 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク