ムアッリム外務在外居住者省「トルコの侵攻は制憲委員会(憲法委員会)と政治プロセスに深刻な脅威をもたらす」(2019年10月16日)

ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表がシリアを訪問し、ワリード・ムアッリム外務在外居住者省(兼副首相)と会談した。

会談で、ムアッリム外務在外居住者大臣は、トルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)について、「制憲委員会(憲法委員会)と政治プロセスに深刻な脅威をもたらす」と警鐘を鳴らしたうえで、シリア政府が合法的な責任を全うし、トルコの攻撃に対抗することを計画していると伝えた。

SANA(10月16日付)が伝えた。

AFP, October 16, 2019、ANHA, October 16, 2019、AP, October 16, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 16, 2019、Reuters, October 16, 2019、SANA, October 16, 2019、SOHR, October 16, 2019、UPI, October 16, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク