ダルアー県ムザイリーブ町で逮捕者釈放、「イランの民兵」の撤退を求めるデモが発生する一方、サナマイン市で軍事情報局メンバー殺害(2019年12月1日)

ダルアー県では、HFL(12月1日付)によると、ムザイリーブ町で住民数十人が抗議デモを行い、逮捕者釈放、「イランの民兵」の撤退を訴えた。

一方、シリア人権監視団によると、サナマイン市で軍事情報局のメンバー1人が正体不明の武装集団の襲撃を受けて死亡した。

AFP, December 1, 2019、ANHA, December 1, 2019、AP, December 1, 2019、al-Durar al-Shamiya, December 1, 2019、HFL, December 1, 2019、Reuters, December 1, 2019、SANA, December 1, 2019、SOHR, December 1, 2019、UPI, December 1, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク