シリア・ロシア両軍部隊がM4高速道路をアイン・イーサー市(ラッカ県)方面に向かおうとしていた米軍車列の通行を阻止する一方、アサーイシュはスィーマルカー国境通行所の敷地に入ろうとしたロシア軍パトロール部隊を静止(2020年1月11日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、タッル・タムル町郊外に駐留するシリア・ロシア両軍部隊が、M4高速道路をアイン・イーサー市(ラッカ県)方面に向かおうとしていた米軍の装甲車4輌からなる車列の通行を阻止した。

**

一方、北・東シリア自治局の内務治安部隊(アサーイシュ)は、スィーマルカー国境通行所の敷地に入ろうとしたロシア軍パトロール部隊を静止し、進入を阻止した。

この部隊はカーミシュリー市方面から覇権されたもので、通行所の敷地や橋を撮影したのち、引き返したという。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団、ANHA(1月11日付)によると、ロシア軍装甲車約20輌からなる車列が、アイン・イーサー市に近い北・東シリア自治局内務治安部隊(アサーイシュ)の検問所に向かった。

この検問所は、9日にトルコ軍無人航空機の爆撃を受けていた。

AFP, January 11, 2020、ANHA, January 11, 2020、AP, January 11, 2020、al-Durar al-Shamiya, January 11, 2020、Reuters, January 11, 2020、SANA, January 11, 2020、SOHR, January 11, 2020、UPI, January 11, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク