トルコ軍無人航空機がハサカ県カフターニーヤ市近郊を爆撃(2020年1月12日)

ハサカ県では、ANHA(1月12日付)によると、トルコ軍の無人航空機がカフターニーヤ(ディルベ・スピーイェ)市・ダクリー村間の地域に飛来、同地を爆撃した。

シリア人権監視団によると、トルコ軍無人航空機が爆撃したのは、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が旧拠点で、複数人が負傷したという。

トルコ軍はまた、国民軍とともにラアス・アイン(スィリー・カーニヤ)市近郊のタッル・ワルド村を砲撃した。

**

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、11日にバースーファーン村にあるトルコ軍基地を攻撃し、兵士2人を殺害、5人を負傷させたと伝えた。

ANHA(1月12日付)が伝えた。

AFP, January 12, 2020、ANHA, January 12, 2020、AP, January 12, 2020、al-Durar al-Shamiya, January 12, 2020、Reuters, January 12, 2020、SANA, January 12, 2020、SOHR, January 12, 2020、UPI, January 12, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク