所属不明の戦闘機がT4航空基地を爆撃(2020年1月14日)

ヒムス県では、SANA(1月14日付)によると、複数の(無人)戦闘機(所属は明示せず)が午後10時10分頃、T4航空基地に対してミサイル攻撃を行ったと伝えた。

シリア軍の防空部隊はただちにこれを迎撃し、ほとんどのミサイルを撃破し、被害は物的なものに限られたという。

シリア人権監視団によると、T4航空基地一帯では少なくとも4回の爆発が発生したが、戦闘機の所属は依然不明だという。

同監視団はその後、攻撃で「イランの民兵」ないしはイラン人3人を含む複数人が死亡、「イランの民兵」の弾薬庫1棟、建設中の建物1棟、軍用車輌2輌が破壊されたと発表した。

なお、イスラエルのメディアは、シリア側がイスラエル軍の爆撃を受けたと伝えたと報じている。

AFP, January 14, 2020、ANHA, January 14, 2020、AP, January 14, 2020、al-Durar al-Shamiya, January 14, 2020、Reuters, January 14, 2020、SANA, January 14, 2020、SOHR, January 14, 2020、January 15, 2020、UPI, January 14, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク