ハサカ市のシリア穀物総局とハサカ電力公社の職員が、シリア民主軍による施設接収に抗議するデモを実施(2020年6月29日)

ハサカ県では、SANA(6月29日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市グワイラーン地区にあるシリア穀物総局、ヌシューワ地区にあるハサカ電力公社の職員が、27日に人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍による施設接収に抗議するデモを行った。

デモは2日連続。

**

同じくハサカ県では、SANA(6月29日付)によると、カーミシュリー市近郊のブワイル・ブーアースィー村の住民が、米軍とトルコ軍の占領と米国のシーザー・シリア市民保護法に抗議するデモを行った。

AFP, June 29, 2020、ANHA, June 29, 2020、AP, June 29, 2020、al-Durar al-Shamiya, June 29, 2020、Reuters, June 29, 2020、SANA, June 29, 2020、SOHR, June 29, 2020、UPI, June 29, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク