ダイル・ザウル県でアラブ系のアカイダート部族の名士が殺害される:シリア民主軍、ダーイシュによる犯行の可能性(2021年1月11日)

ダイル・ザウル県では、SANA(1月11日付)、ANHA(1月10日付)、ユーフラテス・ポスト(1月11日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(1月11日付)、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の支配下にあるフワーイジュ・ズィーバーン村でアカイダード部族の名士の1人でシャイフのアトリユーシュ・アフィー・シャタート・ザーヒル氏が、自宅でオートバイに乗った武装集団の襲撃を受けて、シャタート氏と息子のムハンマド氏、そしてシャタート氏の家に居合わせていた1人が殺害された。

シャタート氏を襲撃した武装集団に関して、ドゥラル・シャーミーヤは、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属する集団と思われると伝えた。

これに対し、ユーフラテス・ポストは、この集団がダーイシュ(イスラーム国)と思われると伝えた。

また、ANHAやシリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の支配下にあるシュハイル村で、アブー・ハルドゥーブ村出身の青年1人が、オートバイに乗った正体不明の武装集団の襲撃を受けて、死亡した。

さらに、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の支配下にあるブサイラ市でオートバイに乗った正体不明の武装集団が、「自由シリア軍」の元司令官1人、内務治安部隊(アサーイシュ)の司令官1人を含む3人を襲撃し、殺害した。

一方、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の支配下にあるサジュル村にシリア軍が突入し、1月10日に仕掛けられていた爆弾が爆発した村の名士の住居の近くで、住民20人以上を逮捕した。

**

ラッカ県では、SANA(1月11日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるラッカ市東のマンハル村に至る街道で、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の車輌の通行に合わせて、道路に仕掛けられていた爆弾が爆発し、兵士多数が負傷した。

AFP, January 11, 2021、ANHA, January 11, 2021、al-Durar al-Shamiya, January 11, 2021、Euphrates Post, January 11, 2021、Reuters, January 11, 2021、SANA, January 11, 2021、SOHR, January 11, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.