イドリブ県では、アリーハー村へのシリア軍の砲撃で住民2人死亡、トルコ軍憲兵隊が越境しようとした若い男性1人を射殺(2021年1月14日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるアリーハー村を砲撃し、男女2人が死亡、複数人が負傷した。

「決戦」作戦司令室は、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構とトルコの庇護を受ける国民解放戦線(国民軍)などからなる武装連合体。

シリア軍はまた「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山地方一帯を砲撃した。

一方、ハーリム市近郊では、越境を試みた若い男性1人が、トルコ軍憲兵隊によって射殺された。

トルコ軍はまた、兵站物資を積んだ車輌約20輌をカフル・ルースィーン村に違法に設置されている国境通行所からシリア領内に新たに進入させた。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍と「決戦」作戦司令室がガーブ平原のアンカーウィー村一帯を砲撃戦を行った。

「決戦」作戦司令室はまた、シリア政府の支配下にあるジューリーン村を砲撃した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア政府の支配下にあるサナマイン市でオートバイに仕掛けられていた爆弾が爆発し、治安当局関係者1人とその父親でイフバーリーヤ・チャンネルの職員が死亡した。

**

ダマスカス郊外県では、サウト・アースィマ(1月14日付)によると、シリア政府の支配下にあるタッル市のワーディー街道入り口に貼られているアサド大統領のポスターを何者かが焼き捨てる一方、市内の複数各所で、「国民は体制打倒を望む」、「自由よ永遠に」、「逮捕者が欲しい」、「出てけ」などと壁に落書きがされているのが見つかった。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を21件(イドリブ県13件、ラタキア県5件、アレッポ県1件、ハマー県2件)確認したと発表した。

シリア政府によると、停戦違反は15件。

一方、トルコ側の監視チームは、停戦違反を9件確認したと発表した(ただし、ロシア側はこれらの違反を確認していない)。

AFP, January 14, 2021、ANHA, January 14, 2021、al-Durar al-Shamiya, January 14, 2021、Ministry of Defence of the Russian Federation, January 14, 2021、Reuters, January 14, 2021、SANA, January 14, 2021、Sawt al-‘Asima, January 14, 2021、SOHR, January 14, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.