日別アーカイブ: 2015年6月2日

アレッポ県、イドリブ県でアル=カーイダ系のヌスラ戦線などとシリア軍の戦闘続く(2015年6月2日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市ハーリディーヤ地区(シリア政府支配下)に対して、反体制武装集団が迫撃砲、重火器で攻撃を行った。 また、シャフバー・ダム一帯からトルコ国境に近いガザル村周辺にいたる地域で … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県北部でダーイシュ(イスラーム国)とシャーム戦線などの戦闘続く、ハサカ県ではトルコ国境警備隊が避難民多数を重火器などで殺害(2015年6月2日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月2日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が県北部の砲兵士官学校に隣接するワフシーヤ村に侵攻、制圧したが、「革命家」が数時間の戦闘の末、同村を奪還した。 同報道によると、ワフ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)壊滅をめざす有志連合22カ国がパリで外相級会議(2015年6月2日)

ダーイシュ(イスラーム国)の壊滅をめざす有志連合の外相級会議がパリで開かれた。 会議は1月に開かれたロンドンでの会議に続くもので、約60カ国からなる有志連合諸国のうち、米独仏、イラクなど22カ国が参加した。 会議後に発表 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外相「シリア軍と連携しない有志連合のダーイシュ(イスラーム国)への空爆は間違い」(2015年6月2日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ブルームバーグ・テレビ(5月2日付)とのインタビューでシリア情勢に触れ、そのなかでダーイシュ(イスラーム国)の壊滅をめざす米国主導の有志連合がシリア政府との連携のもと空爆を行うべきだ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国民連合のハウジャ代表は自由シリア軍最高軍事評議会(参謀委員会)の解体を決定(2015年6月2日)

シリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表は、傘下にある軍事組織の自由シリア軍最高軍事評議会(参謀委員会)を解体することを決定、アフマド・トゥウマ暫定政府(サリーム・イドリース国防大臣)、連立事務局に通達した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする