日別アーカイブ: 2018年10月13日

ムハーバラートがダルアー県インヒル市で政府と和解した反体制武装集団元司令官らを逮捕(2018年10月13日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月14日付)が複数の地元筋の話として伝えたところによると、空軍情報部がインヒル市でシリア政府と和解した反体制武装集団の一つカリフ・ウマル旅団元司令官のマーリク・バルガシュ氏の兄 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ日刊紙『ヒュッリイイェト』は7月にシリア政府とロジャヴァ(そして米国)が交わしたユーフラテス川東部の石油利権にかかる合意の内容をリーク(2018年10月13日)

トルコ日刊紙『ヒュッリイイェト』(10月13日付)は、シリア政府と西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)が、ユーフラテス川左岸(東岸)の処遇をめぐって7月に交わした合意の内容を明らかにした。 同紙 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シャルア前副大統領逮捕・自宅軟禁説を打ち消す写真が公開される(2018年10月13日)

反体制系サイトのドゥラル・シャーミーヤ(10月13日付)は、逮捕説や自宅軟禁説が流れていたファールーク・シャルア前副大統領の写真が公開され、これらの説が覆されたと伝えた。 同サイトによると、写真はシャルア前副大統領が詩人 … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

シリア軍は非武装地帯(ハマー県北部)に残留するシャーム解放機構離反者らを砲撃(2018年10月13日)

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月13日付)によると、シリア軍が県北部のガーブ平原各所(マンスーラ村、タッル・ワースィト村、ズィヤーラ町、カーヒラ村)を砲撃したのに対して、シリアのアル=カーイダであるシャーム解 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPGはトルコ実質占領下のアレッポ県アフリーン郡で反体制武装集団(シャーム軍団、ハムザ師団)戦闘員3人を殺害(2018年10月13日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の広報センターによると、YPGが11、12日の両日、ザガーウィーヤ村、アフリーン市ナビー・フーリー地区でトルコの支援を受ける反体制武装集団(シ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシアの監督のもと、シリア政府と和解した反体制派元戦闘員600人がダーイシュとの戦闘のためサファー丘に投入(2018年10月13日)

ダマスカス郊外県では、スワイダー24(10月13日付)によると、12、13日の2日間で、ダーイシュ(イスラーム国)が活動を続けるサファー丘の前線に、ロシアの監督のもと、シリア政府と和解したダルアー県ブスラー・シャーム市一 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス県の軍事法廷で2018年政令第18号に基づき兵役忌避者多数の恩赦手続きが実施される(2018年10月13日)

SANA(10月13日付)は、ダマスカス県の軍事法廷で、当局に投降した兵役忌避者多数の恩赦手続きが実施された、と伝えた。 9日に志向された2018年政令第18号に基づく措置で、国内逃亡罪および国外逃亡罪が免罪された。 恩 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:2015年9月末以降、難民17,761人が帰国、避難民158,664人が帰宅(2018年10月13日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月13日付)を公開し、10月12日に難民183人(うち女性55人、子供93人)が新たに帰国したと発表した。 これにより、2018年7月18日以降に … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする