日別アーカイブ: 2018年10月29日

アレッポ県で、国民解放戦線を主導するヌールッディーン・ザンキー運動とシャーム自由人イスラーム運動がシリアのアル=カーイダのシャーム解放機構幹部2人を殺害(2018年10月29日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月29日付)によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構の幹部2人が、カフルハムラ村で国民解放戦線を主導するヌールッディーン・ザンキー運動とシャーム自由人イスラーム運 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム自由人イスラーム運動とイッザ軍の総司令官がハマー県北部で会談、シリア軍は殺害を試みるが失敗(2018年10月29日)

国民解放戦線を主導するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動のジャービル・アリー・バーシャー総司令官が、ハマー県北部で活動を続けるイッザ軍の拠点複数カ所を視察し、イッザ軍のジャミール・サーリフ総司令官と会談し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍の敗北を受けて、米主導の有志連合はダイル・ザウル県南東部に戦車などを派遣、イラク軍は国境一帯で軍備を増強(2018年10月29日)

ユーフラテス・ポスト(10月29日付)は、ダイル・ザウル県南東部で西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)の攻撃を受けてスーサ町、上バーグーズ村を喪失し … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアフリーン郡(アレッポ県)でYPGがトルコ軍兵士を殺害(2018年10月29日)

アレッポ県では、ANHA(10月29日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)がトルコの実質占領下にあるアフリーン郡ラージュー町でトルコ軍および反体制武装集団と交戦、トルコ軍兵士複数人 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県で米国およびイスラエル製などの武器弾薬、車輌を押収(2018年10月29日)

クナイトラ県では、SANA(10月29日付)によると、関係当局が、住民や和解委員会と協力して、反体制武装集団が保有していた米国およびイスラエル製などの大量の武器弾薬、車輌を押収した。 AFP, October 29, 2 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア当事者和解調整センター「ホワイト・ヘルメットのテロリストがイドリブ県からアレッポ県北部に塩素ガスやサリン・ガスを持ち込んだとの情報を得た」(2018年10月29日)

ラタキア県フマイミーム航空基地に設置されているロシア当事者和解調整センターのウラジミール・サブチェンコ・センター長は、声明を出し、「テロリスト」がシリア軍に嫌疑をかけるため、住民に対して化学兵器攻撃を行おうとしているとの … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イスラエルが救出したホワイト・ヘルメットのメンバーとその家族117人がカナダへ(2018年10月29日)

カナダのCBCチャンネル(10月29日付)は、7月にイスラエルによって救出され、クナイトラ県からイスラエル占領下のゴラン高原を経由して、ヨルダンに脱出していた反体制組織のホワイト・ヘルメットのメンバーとその家族422人の … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから115人、ヨルダンから344人の難民が帰国、避難民1,134人が帰宅(2018年10月29日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月29日付)を公開し、10月28日に難民459人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは115人(うち女性36人、子供58人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする