日別アーカイブ: 2018年10月22日

米軍中央司令部のヴォーテル司令官がタンフ国境通行所を訪問「我々のここでの駐留がイランの活動に間接的に影響を与えていることを承知している」(2018年10月22日)

米軍中央司令部(CENTCOM)のジョゼフ・ヴォーテル司令官(大将)らからなる米中央軍使節団が、米主体の有志連合が占領するヒムス県南東部のタンフ国境通行所を訪問、6時間にわたって同地を視察した。 ヴォーテル司令官は、タン … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ホワイト・ヘルメット幹部「ホワイト・ヘルメットの目的はコーランの聖句から発している」(2018年10月22日)

ホワイト・ヘルメットの幹部の1人でハマー県地区の人材部門責任者のアブー・ハーズィム氏(本名不明)は、ドゥラル・シャーミーヤ(10月22日付)の取材に対し、組織の目的がコーランに基づいていると述べた。 アブー・ハーズィム氏 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

当局はパレスチナ難民のヤルムーク難民キャンプへの帰還を妨害、国民和解委員会との調整を行わずに自発的に帰国しようとしたイドリブ県民を拘束(2018年10月22日)

ダマスカス県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月22日付)によると、軍事情報局第235課が、パレスチナ人数十世帯がヤルムーク難民キャンプに帰還するのを阻止した。 同サイトによると、パレスチナ人は、自宅の様子を見るため、キ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシアのボクダノフ外務副大臣「デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表の後任は事務総長がシリア政府と調整のうえ人選する」(2018年10月22日)

ロシアのミハイル・ボクダノフ外務副大臣は、辞意を表明したスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表の後任に関して、記者団に対して、国連のアントニオ・グテーレス事務総長がシリア政府と調整のうえに人選を行うことにな … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍がダイル・ザウル県南東部にあるダーイシュ支配下のスーサ町に突入(2018年10月22日)

ダイル・ザウル県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の広報センターによると、シリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるスーサ町に突入、市街戦の末、町の約半分を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

反体制武装集団がアレッポ市を砲撃(2018年10月22日)

アレッポ県では、SANA(10月22日付)によると、反体制武装集団が撃った迫撃砲弾がアレッポ市ナイル通り地区に着弾し、女児1人が負傷した。 一方、ドゥラル・シャーミーヤ(10月22日付)によると、国防隊がアレッポ市シャッ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

クナイトラ県で元反体制武装集団戦闘員数十人の免罪手続き終了(2018年10月22日)

クナイトラ県では、SANA(10月22日付)によると、地元和解プロセスの一環として、同県およびダマスカス郊外県南西部出身の元反体制武装集団戦闘員数十人が武器を引き渡し、当局に投降、祖国の治安や市民の安全を脅かすいかなる行 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから108人、ヨルダンから256人の難民が帰国、避難民15人が帰宅(2018年10月22日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月22日付)を公開し、10月21日に難民364人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは108人(うち女性32人、子供55人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする