日別アーカイブ: 2018年10月4日

トルコのチャヴシュオール外務大臣は制憲委員会設置に向け「事態変更」を試みるロシアを批判(2018年10月4日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、1月のソチでのシリア国民対話大会で設置合意された制憲委員会に関して「政権、反体制派、市民社会が三つの(制憲委員会メンバー候補者の)リストがあるが…、一部の国が政権にとって有 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ領内でのサウジアラビア領事館による著名ジャーナリスト拘束への疑惑が強まるなか、トルコの庇護を受けるイドリブ県の反体制派は親サウジの反体制派への抗議デモを呼びかける(2018年10月4日)

ドゥラル・シャーミーヤ(10月4日付)は、トルコの影響下にあるイドリブ県やハマー県北部、そして同国の実質占領下にあるアレッポ県北部で活動を続ける活動家・組織が、5日午後に「交渉委員会は我々を代表していない」と銘打ったデモ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動元司令官で国民解放戦線指導評議会メンバー「トルコを煩わせないようにするため非武装地帯設置合意を受諾した」(2018年10月4日)

トルコの支援を受ける国民解放戦線の指導評議会メンバーで、アル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動のハサン・スーファーン元司令官は、シャーム自由人イスラーム運動系サイトのナダー・スーリヤー(10月4日付)の取材に応じ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「シリア国民が選挙を実施すれば、我々はシリアをあるべき「持ち主」に委ねる…。ロシアとシリア難民の帰還について合意した」(2018年10月4日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はイスタンブールで開かれたフォーラムで演説し、「シリア国民が選挙を実施すれば、我々はシリアをあるべき「持ち主」に委ねるだろう」と述べた。 この選挙が何をするかについては明ら … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPGに近い「オリーブの怒り」作戦司令室はトルコの実質占領下にあるアフリーン郡(アレッポ県)で反体制派を攻撃(2018年10月4日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)に近い「オリーブの怒り」作戦司令室広報センターが声明を出し、トルコの実質占領下にあるアフリーン郡のバッル村・シャイフ・リーフ村間の街道で2日、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がサファー丘でダーイシュ掃討戦を続けるなか、ロシア軍憲兵隊はスンナ青年旅団の戦闘員約150人を援軍として派遣(2018年10月4日)

ダマスカス郊外県では、SANA(10月4日付)によると、シリア軍が予備部隊とともにスワイダー県東部に隣接するサファー丘一帯の岩石砂漠地帯(スワイダー砂漠)で、ダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討戦を継続し、カブル・シャ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末、ダイル・ザウル県南東部の1カ村を制圧(2018年10月4日)

ダイル・ザウル県では、「テロ駆逐の戦い」を続行する西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の広報センターが声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、スーサ町近郊のムーザー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:2015年9月末以降、難民24万5,694人が帰国、避難民124万32人が帰宅(2018年10月4日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月4日付)を公開し、10月3日に難民454人(うち女性135人、子供231人)が新たに帰国したと発表した。 これにより、2018年7月18日以降に … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする