日別アーカイブ: 2018年12月14日

国連安保理は、シリア国境経由(クロス・ボーダー)で反体制派支配地域への国連関連機関による人道支援を定めた安保理決議第2165号の有効期間を2020年1月まで延長、ロシア・中国は棄権(2018年12月14日)

国連安保理は、シリア国境経由(クロス・ボーダー)で反体制派支配地域への国連関連機関による人道支援を定めた安保理決議第2165号(2014年7月14日、http://unscr.com/en/resolutions/216 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア国民連合はトルコが準備しているシリア北東部ユーフラテス川以東地域への侵攻作戦への支持を表明(2018年12月14日)

トルコで活動を続けるシリア革命反体制勢力国民連立のアブドゥッラフマーン・ムスタファー代表は報道向け声明を出し、トルコが準備しているシリア北東部ユーフラテス川以東地域への侵攻作戦を支持すると表明した。 AFP, Decem … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アッルーシュ駐ヨルダン・シリア臨時代理大使「大使館はシリアで罪を犯したものの帰国を望んでいる人たちとの和解を推し進めている」(2018年12月14日)

アイマン・アッルーシュ駐ヨルダン・シリア臨時代理大使は、ヨルダンで暮らすシリア難民の帰国に関して「大使館はシリアで罪を犯したものの帰国を望んでいる人たちとの和解を推し進めている」と述べた。 アッルーシュ臨時代理大使による … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「米国はマンビジュの話をすることで我々の決意を挫こうとしている」と(2018年12月14日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、イスタンブールでのイスラーム協力機構(OIC)の第1回憲法最高裁判所司法大会で演説し、「米国が(アレッポ県)マンビジュ(市一帯)からテロリストPKKを排除しなければ、ト … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国の占領下にあるタンフ国境通行所一帯で活動を続ける革命特殊任務群が同地への進軍を試みたシリア軍を迎撃(2018年12月14日)

ヒムス県では、バーディヤ23(12月14日付)によると、米主導の有志連合の占領下にある南東部タンフ国境通行所一帯(55キロ地帯)で活動を続ける革命特殊任務軍が、ザルカー地区一帯で同地への進軍を試みたシリア軍を迎撃した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダイル・ザウル県南東部スーサ町一帯で住民500人をダーイシュから解放(2018年12月14日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(12月14日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、スーサ町一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦の末、住民500人を解放した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPGはトルコ占領下のアレッポ県アフリーン郡でトルコ軍の陣地を攻撃、兵士5人を殺害(2018年12月14日)

アレッポ県では、ANHA(12月14日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の広報センターによると、YPGがトルコの占領下にあるアフリーン郡シーラーワー村近郊のキーマール村で13日、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハマー県、イドリブ県、アレッポ県でシリア軍と反体制武装集団が交戦(2018年12月14日)

ハマー県では、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がズィヤーラ町一帯のトルキスタン・イスラーム党の拠点、サフル丘の反体制武装集団の拠点を砲撃した。 砲撃は武装集団の攻撃を受けたものだという。 一方、シリア人権監視 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア・シリア通商経済科学芸術合同委員会は第11回会合議定書に調印し、議定書は、通商産業分野での協力にかかる行程表実施などを合意(2018年12月14日)

ロシア・シリア通商経済科学芸術合同委員会は首都ダマスカスの首相府で第11回会合を開き、シリア側議長のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相とロシア側議長のユーリイ・ボリソフ副首相が第11回会合議定書に調印した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから144人、ヨルダンから512人の難民が帰国、避難民200人が帰宅(2018年12月14日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月14日付)を公開し、12月13日に難民756人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは144人(うち女性43人、子供74人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする