日別アーカイブ: 2018年12月8日

米主導の有志連合はダイル・ザウル県南東部を爆撃し11人を殺害、YPG主体のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末、ハジーン市ハワーマ地区を制圧(2018年12月8日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるユーフラテス川南東部を爆撃し、子供6人を含む9人と「テロリスト」2人が死亡した。 一方、ドゥラル・シャーミーヤ(1 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放戦線がアレッポ市とラタキア市を結ぶ高速道路沿いでトルコの庇護を受ける国民解放戦線と交戦し、同地を制圧(2018年12月8日)

イドリブ県では、ANHA(12月8日付)によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放戦線が、アレッポ市とラタキア市を結ぶ高速道路一帯各所で、トルコの庇護を受ける国民解放戦線と交戦し、ルージュ平原、ムハムバル村、ジャ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍無人航空機がハマー県北西部にある国民解放戦線の拠点を爆撃、同県北部ではシリア軍と国民解放戦線が交戦(2018年12月8日)

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月8日付)が県北西部のガーブ平原にある国民交戦線の監視所(第20監視所)の情報として伝えたところによると、ラタキア県フマイミーム航空基地を離陸したロシア軍の無人航空機がガーブ平原 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから1,357人、ヨルダンから581人の難民が帰国、避難民215人が帰宅(2018年12月8日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月8日付)を公開し、12月7日に難民1,938人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは1,357人(うち女性407人、子供 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする