日別アーカイブ: 2019年2月19日

シャアバーン大統領府政治報道補佐官「クルド自治政府はシリア分割を意味する。我々は決してシリアを分割させない」(2019年2月19日)

ヴァルダイ国際討論クラブが主催する「中東:新たな段階か古き問題か?」大会に出席するためにロシアのモスクワを訪問中のブサイナ・シャアバーン大統領府政治報道補佐官はロイター(2月19日付)に対して、人民防衛隊(YPG)主体の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

イラン・イスラーム革命防衛隊がダイル・ザウル県内の拠点の一部をダマスカス国際空港一帯に移設か?(2019年2月19日)

ジュルフ・メディア(2月19日付)は、イラン・イスラーム革命防衛隊がダイル・ザウル県に配置していた拠点の一部をダマスカス国際空港(ダマスカス郊外県)一帯に再展開させたと伝えた。 再展開は陸路を使用して行われ、シリア政府の … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダに協力するシリア救国内閣はイドリブ県での連続爆破事件にシリア政府が関与していると疑う(2019年2月19日)

イドリブ県およびその周辺の反体制派支配地域(非武装地帯第1ゾーン)で軍事・治安権限を掌握しているシリアのアル=カーイダのシャーム解放機構に自治を委託されているシリア救国内閣(ファウワーズ・ハラール首班)は声明を出し、18 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ県で活動を続けるという地元評議会は、シリア政府とロシアに加担せず、シリア軍の攻撃を止める責任を果たすようトルコに求める(2019年2月19日)

イドリブ県で活動を続けているという地元評議会は声明を出し、反体制派支配地域に対するシリア軍の攻撃を止める責任を果たすようトルコに求めるとともに、「トルコがシリアの体制とロシアの「茶番」を終わらせなければ、殺戮と強制退去に … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダイル・ザウル県南東部で一家全員を処刑(2019年2月19日)

ダイル・ザウル県では、ダイル・ザウル24(2月19日付)が、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ダーイシュ(イスラーム国)最後の支配であるバーグーズ村で住民と思われる一家全員を処刑したと伝え、遺体の映像を公開した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア・シリアは米主導の有志連合が占領するヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに対する人道回廊を開設、23人がシリア政府支配地域に帰還(2019年2月19日)

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はイドリブ県、ハマー県の反体制派支配地域への砲撃を続ける(2019年2月19日)

ハマー県では、SANA(2月19日付)によると、シリア軍がヒルバト・ナークース村、ジャナービラ村、サフル丘にある反体制武装集団拠点を砲撃した。 シリア軍はまた、ズィヤーラ町一帯でトルキスタン・イスラーム党の拠点を重点的に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから117人、ヨルダンから581人の難民が帰国、避難民199人が帰宅(2019年2月19日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月19日付)を公開し、2月18日に難民698人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは117人(うち女性35人、子供60人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする