日別アーカイブ: 2019年2月6日

ダーイシュの児童戦闘員(カリフ制の幼獣)5人を含むイラク人戦闘員多数がYPG主体のシリア民主軍に投降(2019年2月6日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(2月7日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が活動を続ける上バーグーズ村を包囲する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、同地から脱出を続ける住民に紛れて避難民キャンプに潜入しようと … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラエル日刊紙『ハアレツ』はロシアがシリアに供与したS-300空システム4基のうち3基が起動したと伝える(2019年2月6日)

イスラエル日刊紙『ハアレツ』(2月6日付)は、ロシアがシリアに供与したS-300空システム4基のうち3基がハマー県西部のミスヤーフ市近郊に配備され、起動したと伝えた。 同紙が掲載したイスラエルの民間衛星画像企業イメージサ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県のカラク村の空軍情報部施設の壁にシリア政府を非難する落書き(2019年2月6日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月6日付)は、ダルアー県のカラク村の空軍情報部施設の壁に、シリア政府を非難する落書きが壁に書かれているのが発見されと伝え、その写真を公開した。 落書きは「イランとラートの党(ヒズブッラーのこと) … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

パレスチナ自治政府のアッバース大統領「我々はシリアのアラブ連盟復帰を支持する」(2019年2月6日)

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース大統領はスプートニク・ニュース(2月6日付)のインタビューに応じ、そのなかで「我々は原則的に、シリアがアラブ連盟に復帰するのを支持する。我々は、今後アラブ諸国間の協議を通じてこの … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコの占領下にあるバーブ市で爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発(2019年2月6日)

アレッポ県では、ANHA(2月6日付)によると、トルコの占領下にあるバーブ市で爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発した。 AFP, February 6, 2019、ANHA, February 6, 2019、AP, F … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相がロウハーニー大統領と会談(2019年2月6日)

イランを公式訪問中のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は、テヘランでハサン・ロウハーニー大統領と会談した。 SANA(2月6日付)によると、会談では、シリア情勢および中東地域情勢の進捗、二国間関係の強化などに … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

軍武装部隊総司令部は1981年以前生まれの成人男子の予備役を終了(2019年2月6日)

軍武装部隊総司令部は声明を出し、1981年以前生まれの成人男子の予備役を終了し、予備役将兵の召集を行わないことを決定した。 SANA(2月6日付)が伝えた。 AFP, February 6, 2019、ANHA, Feb … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア赤新月社は米占領地の背後に位置するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに3ヶ月ぶりに人道支援物資を搬入(2019年2月6日)

シリア赤新月社は声明を出し、食料、医薬品、健康用品、子ども服、離乳食などを積んだ貨物トラック133輌が、米主導の有志連合が占領するヒムス県南東部のタンフ国境地帯一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はイドリブ県、ハマー県でトルキスタン・イスラーム党、イッザ軍などと交戦(2019年2月6日)

イドリブ県では、SANA(2月6日付)によると、シリア軍がザイズーン発電所で略奪を行ってきたトルキスタン・イスラーム党を攻撃した。 シリア軍はまた、ジャルジャナーズ町で反体制武装集団を攻撃した。 ** ハマー県では、SA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから392人、ヨルダンから672人の難民が帰国、避難民30人が帰宅(2019年2月6日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月6日付)を公開し、2月5日に難民1,064人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは392人(うち女性118人、子供200人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする