トルコ占領下のアフリーン市でオリーブの怒り作戦司令室が反体制派の拠点を爆破、戦闘員とダマスカス郊外県からの移住者11人が死亡(2019年7月11日)

アレッポ県では、トルコの占領下にあるアフリーン市のフィーラート通りと同市東部に隣接するタルナダ村で連続して爆発が起きた。

ANHA(7月11日付)によると、タルナダ村での爆発は、車に仕掛けられた爆弾によるもので、トルコの支援を受けるシャーム戦線の拠点前で発生、戦闘員とダマスカス郊外県からの移住者11人が死亡、20人あまりが負傷した。

**

こレに関して、オリーブの怒り作戦司令室は声明を出し、タルナダ村にある国民軍憲兵隊とシャーム戦線の検問所を狙って、車に爆弾を仕掛けて爆発させ、戦闘員16人を殺害、19人を負傷させたと発表した。

AFP, July 11, 2019、ANHA, July 11, 2019、AP, July 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 11, 2019、Reuters, July 11, 2019、SANA, July 11, 2019、SOHR, July 11, 2019、UPI, July 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク