新刊『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』(岩波書店)

青山弘之(編)『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』岩波書店。

Twitter

Twitter

■体裁=四六判・並製・カバー・240頁
■定価(本体 2,400円 + 税)
■2014年12月18日
■ISBN 978-4-00-022084-2 C0031
________________________________________
「イスラーム国」の出現,ガザ戦争,シリア「内戦」…….相次ぐ混乱の原因は宗派対立なのか,それとも独裁者の存在なのか.今日の中東全体の政治的・社会的問題が先鋭的に現れているエジプト,シリア,イラク,レバノン,ヨルダン,パレスチナの「アラブの心臓」諸国の実像を解明し,中東政治を的確に読み解く視座を提示する.________________________________________

目次

凡例

序章       「混沌のドミノ」に喘ぐ「アラブの心臓」   青山弘之

第1章    エジプト:二つの「革命」がもたらした虚像の再考    横田貴之

第2章    シリア:「真の戦争状態」が必要とする「独裁」政権   髙岡豊

第3章    イラク:民主化の蹉跌と宗派対立という亡霊   山尾大

第4章    レバノン:「決めない政治」が支える脆い自由と平和   末近浩太

第5章    ヨルダン:紛争の被害者か、受益者か   吉川卓郎

第6章    パレスチナ:ハマース否定が導いた政治的混乱   錦田愛子

終章       中東政治の実情に迫るために   青山弘之

文献リスト

人名索引・事項索引

カテゴリー: その他, イラクの動き, シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 最新論考, 諸外国の動き パーマリンク