サウジアラビアの支援を受ける反体制派の最高交渉委員会はユーフラテス川以東地域での自治区樹立に意欲(2019年2月3日)

サウジアラビアの支援を受け、国連主導の和平協議であるジュネーブ会議に反体制派の代表として参加している最高交渉委員会のヤフヤー・ヤリーディー報道官は『ハヤート』(2月4日付)に対して、イラクのアルビル市を訪問し、クルディスタン自治政府のマスウード・バールザーニー大統領や同政府高官と会談、北・東シリア自治区の支配下にあるシリア北東部ユーフラテス川以東地域の処遇などについて協議したことを明らかにした。

アリーディー報道官は、「最高交渉委員会は政治プロセスに力点を置く一方、政府とその民兵、ダーイシュ(イスラーム国)、ヌスラ戦線(シャーム解放機構)がユーフラテス川以東地域の支配を回復する道を閉ざすべく活動している」としたうえで、「最高交渉委員会は、すべての社会成員を代表し、武力紛争を回避できるような真の自治政体を樹立することで、この地域(シリア北東部)の…問題を解決するのに寄与したい」と述べた。

AFP, February 3, 2019、ANHA, February 3, 2019、AP, February 3, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 3, 2019、al-Hayat, February 4, 2019、Reuters, February 3, 2019、SANA, February 3, 2019、UPI, February 3, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク