サウジアラビアのジュバイル外務担当国務大臣はシリアからのすべての外国軍部隊の撤退を主唱(2019年2月4日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務担当国務大臣は、シリア問題への対応を協議するための欧州アラブ諸国外相会議に出席するために訪れたベルギーのブリュッセルで、シリアからのすべての外国軍部隊の撤退を主唱した。

ジュバイル外務担当国務大臣は「我々はアラブ同胞諸国と国連安保理決議第2254号の実施成果を協議する…。我々はシリアの独立、統合が維持されているか、外国の部隊が排除されたか、その結果を注視する」と述べた。

アラビーヤ・チャンネル(2月4日付)が伝えた。

AFP, February 4, 2019、ANHA, February 4, 2019、Alarabia, February 4, 2019、AP, February 4, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 4, 2019、al-Hayat, February 5, 2019、Reuters, February 4, 2019、SANA, February 4, 2019、UPI, February 4, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク