トルコ大統領府報道官「トルコとシリアの諜報機関間のコニュミケーションはアサドの正統性を承認していることを意味しない」(2019年2月4日)

トルコのイブラヒム・カリン大統領府報道官は、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が3日にTRTのインタビューで「トルコはシリア政府と「低級レベル」での関係と連絡を維持している」と発言したことに関して、「トルコとシリアの諜報機関間のコニュミケーションはアサドの正統性を承認していることを意味しない」と念を押した。

カリン報道官は「シリア政府への我々の姿勢は明白で、我々にとっては正統性を失っている。彼(アサド)はシリアの国土統一を維持できない」と付言した。
アナトリア通信(2月4日付)が伝えた。

AFP, February 4, 2019、Anadolu Ajansı, February 4, 2019、ANHA, February 4, 2019、AP, February 4, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 4, 2019、al-Hayat, February 5, 2019、Reuters, February 4, 2019、SANA, February 4, 2019、UPI, February 4, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク