米国務省副報道官「米国はシリアで拘束されたダーイシュの外国人メンバーや支持者を出身国に引き取るよう求めている」(2019年2月4日)

米国務省のロバート・パラディーノ副報道官は声明を出し、米国がシリアで拘束されたダーイシュ(イスラーム国)の外国人メンバーや支持者を出身国に引き取るよう求めていることを明らかにした。

パラディーノ副報道官は、米軍がシリアから撤退したら、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍はダーイシュ・メンバーを収監している拘置所を守ることができないと警鐘を鳴らしているとしたうえで「米国は諸外国に対して、シリア民主軍が拘束した各国の国民を送還・起訴するよう呼びかけている」と述べた。

AFP(2月4日付)が伝えた。

AFP, February 4, 2019、ANHA, February 4, 2019、AP, February 4, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 4, 2019、al-Hayat, February 5, 2019、Reuters, February 4, 2019、SANA, February 4, 2019、UPI, February 4, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク