トルコ占領下のアレッポ県北部でダーイシュが反体制武装集団の拠点や車輌を攻撃(2019年4月9日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(4月9日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員がトルコの占領下にあるアフリーン市に潜入し、トルコの支援を受ける国民軍所属の第三軍団の拠点に爆弾を仕掛けようとしたが、第三軍団の戦闘員に発見され、これを爆発させ、ダーイシュの戦闘員1人が死亡、第三軍団の戦闘員4人が負傷した。

ダーイシュはまた、同じくトルコ占領下のバーブ市で、第三軍団の幹部の車輌に仕掛けた爆弾を爆発させ、この幹部を負傷させた。

AFP, April 9, 2019、ANHA, April 9, 2019、AP, April 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, April 9, 2019、al-Hayat, April 10, 2019、Reuters, April 9, 2019、SANA, April 9, 2019、UPI, April 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク