トルコ軍の爆撃・越境砲撃を受け、ラッカ県とハサカ県の住民が避難を開始する一方、シリア民主軍は教員に「人間の盾」になるよう指示(2019年10月9日)

CNN Turk(10月9日付)、スマート・ニュース(10月9日付)などによると、トルコ軍の爆撃・越境砲撃を受け、ラッカ県タッル・アブヤド市の住民の住民数約世帯が、ラッカ市、タブカ市方面に避難を開始した。

また、ハサカ県カーミシュリー市、ダルバースィーヤ市、ラアス・アイン市の住民の住民数約世帯が避難を開始したという。

**

一方、ユーフラテス・ポスト(10月9日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍はラッカ県の教員に対して、タッル・アブヤド市に向かうよう指示を出した。

同サイトによると、シリア民主軍は教員を「人間の盾」として利用しようとしているという。

AFP, October 9, 2019、ANHA, October 9, 2019、AP, October 9, 2019、CNN Turk, October 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 9, 2019、Euphrates Post, October 9, 2019、Reuters, October 9, 2019、SANA, October 9, 2019、SOHR, October 9, 2019、UPI, October 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク