ロシアのラヴロフ外務大臣「ダマスカスとクルド人は、シリア・トルコ国境の問題を含むシリア北部の問題解決に向けて対話を行うべき」(2019年10月9日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は「ダマスカスとクルド人は、シリア・トルコ国境の問題を含むシリア北部の問題解決に向けて対話を行うべきだ」と述べた。

カザフスタンのベイブート・アタムクロフ外務大臣との会談後の記者会見でラヴロフ外務大臣はまた、「我々は何度も、シリア・トルコ国境地帯を含むシリア北部情勢に関する我々の姿勢を発表してきた」と付言した。

スプートニク・ニュース(10月9日付)が伝えた。

AFP, October 9, 2019、ANHA, October 9, 2019、AP, October 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 9, 2019、Reuters, October 9, 2019、SANA, October 9, 2019、SOHR, October 9, 2019、Sputnik News, October 9, 2019、UPI, October 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク