トルコ国防省はロシア側の発表と異なる日時(12日0時0分)にイドリブ県での停戦に合意したと発表(2020年1月10日)

トルコ国防省は声明を出し、1月12日00時00分(1月11日24時00分)付で、イドリブ県の緊張緩和地帯で民間人に対する攻撃と国内避難民(IDPs)の流失を停止させることで合意したと発表した。

これに先立ち、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置されている当事者和解調整センターのユーリ・ボレンコフ・センター長(中将)は9日に声明を出し、「トルコ側との合意に従い、イドリブ県の緊張緩和地帯に、モスクワ時間2020年1月9日14:00(グリニッジ・標準時11:00、シリア時間13:00)おいて停戦規定を導入する」と発表していた。

AFP, January 10, 2020、ANHA, January 10, 2020、AP, January 10, 2020、al-Durar al-Shamiya, January 10, 2020、Reuters, January 10, 2020、SANA, January 10, 2020、SOHR, January 10, 2020、UPI, January 10, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク