ダイル・ザウル県各所で体制打倒、イラン排斥を訴えるデモ(2020年1月10日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(1月1日付)によると、シリア政府支配下のダイル・ザウル市、北・東シリア自治局支配下のシュハイル村、アブー・ハマーム市、マイーズィーラ村、アズバ村で金曜日の集団礼拝後に、「アサドとイランを排除しなければ安定もない…和平もない」と銘打ったデモが行われ、参加者が戦争による被害の復旧、「イランの民兵」退去、イドリブ県救援を求めた。

AFP, January 10, 2020、ANHA, January 10, 2020、AP, January 10, 2020、al-Durar al-Shamiya, January 10, 2020、Reuters, January 10, 2020、SANA, January 10, 2020、SOHR, January 10, 2020、UPI, January 10, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク