イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年7月2日追記)

ARA News(7月5日付)は、複数の地元活動家の話として、7月2日夜、ラッカ県にあるダーイシュ(イスラーム国)の基地の一つにシリア軍が空爆を行うなか、「シリア軍でない外国の空挺部隊」が降下したと報じた。

活動家らによると、降下した空挺部隊は、米軍とヨルダン軍の合同部隊だと思われ、空挺部隊が降下するなか、シリア軍は「シャイフ・ウサーマ・ビン・ラーディン基地」とダーイシュが呼ぶラッカ市東部アキールシー基地を空爆、砲撃したという。

ARA News, July 5, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク