諸外国の動き:独外相がアサド政権との協力の必要を示唆(2014年10月12日)

ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー外務大臣は、『ハヤート』(10月12日付)に、ダーイシュ(イスラーム国)への対応に関して、「イスラーム国に対抗するための合同の政治行動について地域でコンセンサスに達しなければならない」と述べる一方、「アサドへの信頼がまったくないが、彼から目を反らしてはならないし、彼のことが忘れられてはならない」と付言、シリア政府との協力の必要を暗に認めた。

**

『ハヤート』(10月13日付)は、クルディスタン労働者党(PKK)幹部がテレビのインタビューで、アイン・アラブ市でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘と、トルコ当局によるクルド人のデモ弾圧に対処するため、イラク国内に展開していた同党の民兵をトルコに撤収したと述べたと報じた。

**

マーティン・デンプシー米統合参謀本部議長は、ワシントンDCで有志連合20カ国の軍司令官との会合後、ABC(10月12日付)のインタビューで、ダーイシュ(イスラーム国)への対応に関して「有志連合はシリアでさらなることを行い得る…。飛行禁止空域設置を求められたかというと、求められてはいない。飛行禁止空域を設置する可能性が生じるような状況が将来あるかと言えば、あるだろう」と述べた。

また、トルコの対応に関して、「米国はトルコにシリアへの地上部隊の投入を求めていない」と述べた。

**

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、フランス24(10月12日付)のインタビューで、アイン・アラブ市へのダーイシュ(イスラーム国)の攻勢に関して、トルコから同市に武器や民兵を送り込むための回廊の設置が「非現実的だ」と述べた。

AFP, October 12, 2014、AP, October 12, 2014、ARA News, October 12, 2014、Champress, October 12, 2014、al-Hayat, October 13, 2014、Kull-na Shuraka’, October 12, 2014、al-Mada Press, October 12, 2014、Naharnet, October 12, 2014、NNA, October 12, 2014、Reuters, October 12, 2014、SANA, October 12, 2014、UPI, October 12, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク