PYDの匿名消息筋:トルコとイランがシリア政府とYPG主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会の交渉を中断させた(2018年10月6日)

バスニュース(10月6日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)を主導する民主統一党(PYD)の匿名消息筋の話として、イランとトルコがシリア政府に圧力をかけ、ロジャヴァ人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会の交渉を中断させたと伝えた。

同消息筋によると、トルコとイランは、シリアにおけるクルド人問題の解決の解決が、両国のクルド人に波及することを嫌っているという。

同消息筋はまた、イランとつながりのあるシリア政府の治安当局が、クルド人とアラウィー派の対立を作り出そうとして、9月8日にカーミシュリー市でのシリア軍とロジャヴァ内務治安部隊(アサーイシュ)の衝突を画策したという。

AFP, October 6, 2018、ANHA, October 6, 2018、AP, October 6, 2018、Basnews, October 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 6, 2018、al-Hayat, October 7, 2018、Reuters, October 6, 2018、SANA, October 6, 2018、UPI, October 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク