トルコのエルドアン大統領「「マンビジュ市に関するトルコと米国の合意の実施は遅れているが、まだ死んでいない」(2018年10月11日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は訪問先のハンガリーからの帰国途中の機内で記者団に対して、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)の支配下にあり、米軍が駐留するアレッポ県マンビジュ市一帯の情勢に関して「マンビジュ市に関するトルコと米国の合意の実施は遅れているが、まだ死んでいない」と述べた。

『ヒュッリイイェト』(10月11日付)が伝えた。

AFP, October 11, 2018、ANHA, October 11, 2018、AP, October 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 11, 2018、al-Hayat, October 12, 2018、Hurriyet, October 11, 2018、Reuters, October 11, 2018、SANA, October 11, 2018、UPI, October 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク