日別アーカイブ: 2015年4月5日

ヌスラ戦線はイドリブ市でキリスト教徒を「兄弟」と呼んだ幹部2人をシャリーア法廷に起訴(2015年4月5日)

シャームの民のヌスラ戦線は、ファトフ軍によって制圧されたイドリブ市内のキリスト教地区を視察した幹部2人が、キリスト教徒を「兄弟」と呼び、一部のメンバーの行き過ぎた行動を謝罪したことに関して、組織の規則に反するとしてシャリ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)がハサカ県でキリスト教会を破壊(2015年4月5日)

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(4月5日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がナスリー村(タッル・タムル町郊外)にある聖マリア教会を破壊した。   ** ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(4月5日付 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヌスラ戦線がナスィーブ国境通行所を「ハウラーン法務局」に移管し、撤退(2015年4月5日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線が他のジハード主義武装集団とともにナスィーブ国境通行所から撤退、また「ハウラーン法務局」が声明を出し、ヤルムーク軍前線司令官のイマード・アブー・ズライク氏 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヌスラ戦線は、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプでの中立を宣言する一方、ダーイシュ(イスラーム)を支援したのは、反体制武装集団とシリア政府が和解したためと自己弁護(2015年4月5日)

シャームの民のヌスラ戦線は声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)およびヌスラ戦線によるダマスカス県ヤルムーク区(ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ)への侵入、占拠に関して、「中立」の立場をとっていると主張した。 ヌスラ戦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府、支援機関の協力により、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ住民約2,000人が避難に成功(2015年4月5日)

PLO(パレスチナ解放機構)のアンワル・アブドゥルハーディー政治局長は、シリア政府との支援を受けて、ダーイシュ(イスラーム国)やシャームの民のヌスラ戦線が占拠するヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ(ダマスカス県)から住民 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする