日別アーカイブ: 2015年4月21日

シリア政府は在外公館での更新時の外務在外居住者省による更新許可取得を廃止し、「不法出国者」によるパスポート取得・更新が容易に(2015年4月21日)

アサド大統領は2015年政令第17号を交付し、在外公館でのパスポート更新時の外務在外居住者省による更新許可取得を廃止した。 クッルナー・シュラカー(4月24日付)によると、この法律は24日付で施行されるという。 『ハヤー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

マケイン米上院議員らがオバマ政権に対シリア国境地帯に「安全保障地域」(飛行禁止空域)の設定を要求(2015年4月21日)

米共和党のジョン・マケイン上院議員とリンゼイ・グラハム上院議員、民主党のリチャード・ダービン上院議員、ティム・ケイン上院議員は、バラク・オバマ米大統領に書簡を提出、シリアでの紛争による避難民や破壊を「文明世界に対する侮辱 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

西クルディスタン移行期民政局とシャーム自由人イスラーム運動がアレッポ県アフリーン市一帯の食料、燃料の搬入などをめぐって合意(2015年4月21日)

アレッポ県では、ARA News(4月22日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(アフリーン地区)アサーイシュはアフローン市で拘留中のジハード主義武装集団戦闘員多数を釈放した。 この釈放はシャーム自由人イスラーム運 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア、イラン、スイス外務省上級会合でシリア、イラクへの人道支援などについて協議(2015年4月21日)

イランの首都テヘランで、シリア、イラン、スイスの外務省上級会合が行われ、ダーイシュ(イスラーム国)への対応やシリア、イラクへの人道支援のありようなどが協議された。 会合には、シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者副 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市で拉致されたキリスト教主教2人との連帯を訴えるデモ(2015年4月21日)

クッルナー・シュラカー(4月22日付)は、シリア正教会のグレゴリウス・ヨハネ・イブラーヒーム・アレッポ主教とギリシャ正教会のブールス・ヤーズジー・アレッポ主教の2人がアレッポ県カフルダーイル村で誘拐(2013年4月22日 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)がアレッポ県クワイリス軍事飛行場でシリア軍戦闘機を撃墜(2015年4月21日)

アレッポ県では、ダーイシュ(イスラーム国)の通信部門アアマーク通信が、クワイリス航空基地に着陸しようしていたシリア軍戦闘機をダーイシュが撃墜したとする映像を公開した。 アアマーク通信によると、ダーイシュはまた、パラシュー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

対トルコ国境のバーブ・ハワー国境通行所管理局が出入国管理課を開設(2015年4月21日)

ARA News(4月21日付)などは、イドリブ県バーブ・ハワー国境通行所管理局が声明を出し、出入国管理課を開設したと発表し、その写真を公開した。 フェイスブックを通じて発表された声明によると、出入国管理課は、シリア政府 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ヌスラ戦線、自由シリア軍南部戦線はダルアー県ブスル・ハリール市周辺一帯を奪還(2015年4月21日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線、自由シリア軍南部戦線諸派からなる武装集団が、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、イラン人、アフガン人戦闘員と交戦、20日にシリア軍が制圧したブスル・ハ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

民主連合党のムスリム党首「シリアのバアス党政権と関係などない…。いわゆる穏健な反体制派はマイノリティに対して極端な見解を持っている」(2015年4月21日)

民主連合党のサーリフ・ムスリム共同党首は、英下院外交委員会の報告書「イラク・クルディスタン地域への英国政府の政策」(2015年1月21日、http://www.publications.parliament.uk/pa/ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ外相の訪米はダーイシュ(イスラーム国)対策を口実としたシリア領空への飛行禁止空域の設置が目的(2015年4月21日)

米国を訪問中のトルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は国際平和カーネギー基金(ワシントンDC)で講演を行い、トルコが「外国人テロリストの流入を食い止める」ことを通じてダーイシュ(イスラーム国)殲滅をめざす有志連合を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする