日別アーカイブ: 2015年4月16日

国連安保理が非公式会合でシリアでの塩素ガス使用問題を審議(2015年4月16日)

国連安保理はシリア情勢に関する非公開会合を開き、シリア国内で塩素ガスが使用されたとする問題に関して、シリア人医師2人と被害者とされる男性1人が証言を行った。 証言を行ったのは、米シリア医学協会代表のサーヒル・サフルール氏 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア独立記念日:バアス党は声明で「シリアはテロに勝利する最初の国になる」と主張(2015年4月16日)

バアス党シリア地域指導部は独立記念日(4月17日)に合わせて声明を出し、「シリアはこの地域において植民地主義から完全解放された最初の国だった…。今日、我々人民は、退行主義、不正、後進性によって支えられている世界的な傭兵テ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)がレバノン東部からラッカに撤退(2015年4月16日)

『シャルク・アウサト』(4月16日付)は、レバノンのベカーア県バアルベック郡一帯やシリアのダマスカス郊外県カラムーン地方でシャームの民のヌスラ戦線などと共闘するダーイシュ(イスラーム国)が、幹部ほぼ全員を同地からシリアの … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア人権監視団「2011年3月以降の死者数は22,0271人」(2015年4月16日)

シリア人権監視団は、2011年3月半ばから2015年4月半ばにかけてのシリアでの紛争に死者数(推計)が22万271人にのぼると発表した。 うち6万7,293人が民間人(子供1万1,021人が児童、女性7,049人を含む) … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ファトフ軍がイドリブ県ナフリヤー村をシリア軍から再び奪還(2015年4月14日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(4月16日付)によると、ファトフ軍作戦司令室は、15日にシリア軍が奪還したナフリヤー村を奪還した。 また、シリア人権監視団によると、アリーハー市西南部および西部一帯で、シリア軍、国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ一帯で再び戦闘激化(2015年4月16日)

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ内で、アクナーフ・バイト・マクディス大隊などジハード主義武装集団が、ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線と交戦する一方、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)がアレッポ県内の2ヶ所で爆弾テロ(2015年4月16日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、マーリア市でダーイシュ(イスラーム国)が爆弾を積んだ車を自爆させ、反体制ジャーナリスト、ハマーム・ナッジャール氏(アブー・ヤザン・ハラビー)が死亡した。 また、クッルナー・シュラ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

駐ジュネーブ・ロシア大使「一部の反体制派はもはや、バッシャール・アサドが去るかとどまるかに固執しなくなっている」(2015年4月16日)

ロシアのアレクセイ・ボロダフキン駐ジュネーブ国連大使は、アサド政権と反体制派の和平交渉「モスクワ2」に関して「交渉によってよりよい結果が実現する希望がある。反体制派の主流派とシリア政府は、4年にわたる内戦の軍事的解決はな … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする