日別アーカイブ: 2015年9月9日

最新論考「シリアの化学兵器攻撃から2年、「穏健な反体制派」支援がもたらす混乱」(Yahoo Japan! News)

青山弘之「シリアの化学兵器攻撃から2年、「穏健な反体制派」支援がもたらす混乱」 Yahoo Japan! News、2015年9月9日 http://bylines.news.yahoo.co.jp/aoyamahiro … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ指導者のザワーヒリー師がダーイシュ(イスラーム国)に「十字軍、世俗主義者、ヌサイリー派(アラウィー派)、サファビー朝の者ども(イラン)との戦闘」での共闘を暗に呼びかける(2015年9月9日)

アル=カーイダ総司令部のアイマン・ザワーヒリー師は、サハーブ・ネットを通じて音声声明(https://www.youtube.com/watch?v=ZkXQkkGuKrM)を発表、そのなかでダーイシュ(イスラーム国)が … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア外務在外居住者省は国連安保理議長に「アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動がイドリブ県でVXガスを使用としている」と報告(2015年9月9日)

シリアのバッシャール・ジャアファリー国連代表大使は、国連安保理議長に外務在外居住者省書簡を提出し、そのなかで、イドリブ県で活動する「武装テロ集団」のシャーム自由人イスラーム運動が、フーア市、カファルヤー町に対して有毒化学 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アスマー・アフラス大統領夫人がダマスカス大学講堂で行われた国民優秀生センター修了式に出席(2015年9月9日)

SANA(9月9日付)は、国民優秀生センター(http://www.ncd.sy/)2015年度第4期修了式がダマスカス大学付属の講堂で執り行われ、アスマー・アフラス大統領夫人が出席し、祝辞を述べた。 アスマー夫人は祝辞 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線がイドリブ県におけるアブー・ズフール軍事飛行場を完全制圧、シリア軍は最後の軍事拠点を喪失(2015年9月9日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義集団が、県内におけるシリア軍の最後の軍事拠点だったアブー・ズフール航空基地を完全制圧した。 アブー・ズフール … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ヒムス県中部のジャズル・ガス田を制圧か?(2015年9月9日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ジャズル・ガス採掘所一帯では、同地一帯の拠点を奪還したシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が激しく交戦した。 一方、SANA(9月9日付)によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

フランスがシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)空爆に向け偵察飛行開始、オーストラリアもシリア領内での空爆を決定:難民流入の主因に対処する姿勢を誇示(2015年9月9日)

フランス軍は声明を出し、「ダーイシュ(イスラーム国)に関する情報収集」のため9日にシリア領空で偵察活動を行ったと発表した。 偵察活動にはラファール戦闘機を使用されたという。 AFP(9月9日付)が伝えた。 ** オースト … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア外務省は「シリア軍にロシア製の新たな装備の教練するための軍事顧問複数名を派遣した」と認める一方、ロイターはロシア軍がシリア軍の作戦に参加したと伝える(2015年9月9日)

『ハヤート』(9月10日付)によると、ミハエル・ボグダノフ外務副大臣は、「シリアへのロシア軍の専門家の駐在は、ロシア製装備の使用について教練を行う必要があることが理由で、これらの装備は、ロシア・シリア間の軍事技術協力の枠 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ギリシャは米国の要請を事実上拒否し、シリアに向かうロシア機の領空通過を許可、ブルガリアもロシア機の臨検を条件に通過を認める意思を表明(2015年9月9日)

タス通信(9月9日付)は、在アテネ・ロシア大使館高官からの情報として、ギリシャ政府が8月31日に、人道目的でシリアを往来するロシア機の領空通過を認めたと伝えた。 領空通過の許可機関は9月1日から24日で、この期間は、米国 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする