日別アーカイブ: 2015年9月18日

アフガニスタンでウサーマ・ビン・ラーディン氏と行動を共にした経歴を持つヌスラ戦線の幹部アブー・ハサン・トゥーニスィー氏がフーア市(イドリブ県)での戦闘で戦死(2015年9月18日)

クッルナー・シュラカー(9月19日付)は、シャームの民のヌスラ戦線に近い複数のサイトからの情報として、ヌスラ戦線の重要幹部の1人アブー・ハサン・トゥーニスィー氏(60歳)が18日、イドリブ県フーア市一帯での戦闘で死亡した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア連邦保安局第一次長「ロシア人約2,400人がダーイシュ(イスラーム国)に参加している」(2015年9月18日)

ロシアのRIAニュース(9月18日付)は、ロシア連邦保安局のセルゲイ・スミルノフ第一次長の話として、ロシア人約2,400人がダーイシュ(イスラーム国)に参加していることを明らかにした。 スミルノフ第一次長はまた、このほか … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ケリー米国務長官は「シリアをめぐってロシアとの軍事的対話が次の重要なステップ」と述べ、ロシアに対話を呼びかける、ロシア側もこれを歓迎(2015年9月18日)

ジョン・ケリー米国務長官は、ロンドンでのUAEアブドゥッラー・ビン・ザーイド外務大臣との会談の冒頭、バラク・オバマ大統領が「シリアをめぐってロシアとの軍事的対話(military talks)が次の重要なステップとなり、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍が有志連合に続いてタドムル市に対して激しい空爆を実施、有志連合もシリア軍に続いてミールビーヤ村一帯(ハサカ県)を空爆(2015年9月18日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市を25回以上にわたり空爆した。 SANA(9月18日付)も、タドムル市西部郊外一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)空爆と合わせてブスラー・シャーム市、アレッポ市、東グータ地方(ダマスカス郊外県)などを「無差別空爆」、対するファトフ軍はフーア市を「無差別砲撃」(2015年9月18日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がUNESCO世界文化遺産を擁するブスラー・シャーム市各所を「樽爆弾」などで空爆し、子供2人、女性4人を含む21人が死亡した。 クッルナー・シュラカー(9月18日付)によ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする