日別アーカイブ: 2015年9月30日

NATO事務総長「ロシア軍のシリアでの空爆がダーイシュ(イスラーム国)を標的としていないとの報告に懸念している」(2015年9月30日)

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始に関して、「ロシア軍のシリアでの空爆がダーイシュ(イスラーム国)を標的としていないとの報告に懸念している」と述べた。 ARA News( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

レバノン大統領選挙29回目の延期(2015年9月30日)

ナビーフ・ビッリー国民議会議長は、大統領選挙(第2回投票)のための特別会(29回目、9月30日予定)が定足数に達しなかったことを受け、会合を10月21日に再び延期すると決定した。 ナハールネット(9月30日付)が伝えた。 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

アレッポ市シャイフ・マクスード地区でYPGとアル=カーイダ系のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘が再開(2015年9月30日)

アレッポ県では、ARA News(9月30日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が最近になって完全制圧し、シリア政府支配地域とを結ぶ通行所が開放されたアレッポ市シャイフ・マスキーン地区に対して、アル=カ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県でヌスラ戦線とシャーム自由人イスラーム運動が交戦(2015年9月30日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(9月30日付)によると、トルコ国境に近いダーナー市にあるシャリーア委員会で、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線とジハード主義組織のアジュナード・シャーム・イスラーム連合 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がアレッポ市東部でダーイシュ(イスラーム国)と交戦(2015年9月30日)

アレッポ県では、SANA(9月30日付)によると、ダイル・ハーフィル市、バクジャ村、発電所一帯、バッラート村、サーリヒーヤ村、ジャッブール村、シャイフ・ルトフィー村、タッル・ハッターバート村、ナアーム丘一帯、サブイーン村 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県で「堪え忍ぶ者たちに吉報をもたらせ」合同作戦司令室の攻勢続く(2015年9月30日)

クナイトラ県では、マサール・プレス(9月30日付)によると、反体制武装集団が、同県の県庁所在地バアス市制圧に向けて、ハムリーヤ丘、アフマル丘、ハーン・アルナバ市近郊に対して砲撃を強化した。 これに対して、シリア軍は、「堪 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコのダウトオール首相「シリア紛争の解決策を考えるのであれば、いかなる者であれアサドのいないシリアを考えねばならない」(2015年9月30日)

トルコのアフメト・ダウトオール首相は30日、国連総会で一般討論演説を行った。 シリア情勢に関して、ダウトオール首相は以下の通り述べた。 「国連は、ボスニア、ルワンダなどでの地域紛争、シリアで過去4年にわたり続いている紛争 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ファビウス仏外相「民間人と穏健な反体制派ではなく、ダーイシュ(イスラーム国)とアル=カーイダ系組織のみを攻撃すべき」(2015年9月30日)

フランスのローラン・ファビウス外務大臣は記者会見で、シリア領内でのロシア軍による空爆開始に関して、民間人と「穏健な反体制派」を標的とせず、ダーイシュ(イスラーム国)とアル=カーイダ系組織にのみ攻撃を限定すべきだと述べた。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハモンド英外務相が国連総会で演説「アサドが、移行期の開始時であれ、移行期中であれ、去ることで、傷ついた人々を癒やすことができる」(2015年9月30日)

英国のフィリップ・ハモンド外務大臣は30日、国連総会で一般討論演説を行った。 シリア情勢に関して、ハモンド外務大臣は以下の通り述べた。 「シリアの危機は、暴力的な過激主義…移民問題の双方において世界全体に反響をもたらして … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

中国の王外相「シリア危機を政治的に解決するための機会を追求すべき」(2015年9月30日)

中国の王毅外交部長(外務大臣)は、国連安保理常任理事国会合で、シリア情勢に関して「一丸となってシリア危機を政治的に解決するための機会を追求すべきである。(紛争の)当事者たちは、これまで以上に政治的解決を実現への意思を示し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣が、国連総会出席のため米ニューヨーク入りし、ヴェネズエラ大統領、イラク、スーダン、中国外相と会談、またロシアを議長国とする「テロとの戦い」の連携強化に向けた安保理外相級会合に出席(2015年9月30日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住大臣は、国連総会出席のため米ニューヨークを訪問した。 大臣には、ファイサル・ミクダード外務在外副大臣、アフマド・アルヌース外務在外居住者省顧問も同行した。 シリアの外務大臣が米国に入国する … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ケリー米国務長官「ロシア軍がダーイシュ(イスラーム国)壊滅を目的としていれば反対しない」(2015年9月30日)

ジョン・ケリー米国務長官は、シリア領内でのロシア軍による空爆開始に関して、ダーイシュ(イスラーム国)壊滅を目的としていれば反対しないと述べた。 ケリー国務長官は「ロシアの最近の行動、そして現在遂行中の行動が、この組織(ダ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする