シリア反体制勢力の動き(2014年7月6日)

シリア革命反体制勢力国民連立の民主ブロックは、イスタンブールで会合を開き、ムワッファク・ニールビーヤ氏(ドイツ・ベルギー代表)を連立議長選挙の統一候補として擁立することを決定した。

投票は、5日にイスタンブールで開かれたブロックの会合で、ミシェル・キールー氏、ニールビーヤ氏不在のなかでハーディー・バフラ氏が議長候補者として擁立されたことをうけたもので、投票では、ニールビーヤ氏が10票、バフラ氏が9票を獲得した。

一方、アフマド・ウワイヤーン・ジャルバー議長とムスタファー・サッバーグ前書記長は、民主ブロックに対抗するために接近し、ジャルバー議長のブロックから議長を、サッバーク前書記長のブロックから書記長を擁立することで合意したという。

**

クッルナー・シュラカー(7月6日付)によると、アレッポ県で活動するという「無所属」の武装集団が「イスラームおよびイスラーム教徒救済(ヌスラ)のための北の騎士旅団」を結成すると発表した。

北の騎士旅団には20の武装集団が参加しているという。

AFP, July 6, 2014、AP, July 6, 2014、ARA News, July 6, 2014、Champress, July 6, 2014、al-Hayat, July 7, 2014、Kull-na Shuraka’, July 6, 2014、al-Mada Press, July 6, 2014、Naharnet, July 6, 2014、NNA, July 6, 2014、Reuters, July 6, 2014、SANA, July 6, 2014、UPI, July 6, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク